スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
本業と主婦業を持ちながらの執筆
は~、新しい会社に就職してから執筆に時間が取れず、サイトもブログもほったらかしで全然更新していない。せめて、このお正月に更新と思ったが、リンク切れの整理やら削除されてしまった掲示板関係の処理やらでほとんど…。唯一、エッセイ2つを公開したのみ。ああ、休みは明日まででまた5日から会社やだなあ。疲れるし(^_^;

帰宅してからとか土日に執筆をしようと思っても、家のPCが使えないこともあるんだよね。夫と共同なので、夫も結構PC使っているし…。私が長時間使っていると、なんかプレッシャーかけてくるんだよね、早く終わらせろみたいな感じで。それに普段は朝早く起きないといけないので、土日くらいは寝坊したいし。せっかく、調子乗ってやってると食事の支度の時間とかになるし。あーあーって感じです。

細々と根気強く書き続けていくしかないのか!?
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
創作意欲
というか、最近、仕事が忙しすぎて疲れて、小説を書く時間はおろか構想する時間もない…(-_-; 以前は結構暇人だったが、時間がありすぎてもダラダラしちゃって、創作意欲がわかなかったりした。時間がありすぎてもなさ過ぎても駄目ってこと!? って私だけか…。

このまま忙しすぎると、どんどん執筆から遠ざかって行ってしまいそうでコワイ。もともと器用なほうじゃないしなあ~、とため息が出ちゃう。なんとかショートショートでも書いてみようかと思うこの頃です。
COMMENTS (1) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
評価の目
復活したのはいいけれど、ネタがないので、だいぶ前の話だけどちょっと書きます。

自分が力作だ~自分的にはレベルが高いetc.と思っている作品が、必ずしも他人の評価が高いとは限らない。かくいう私もサイトで公開している作品の中で、読んでくれた人の評判がいいのと自分がいいと思っている作品は必ずしも一致しない。

特に、ミステリー小説の場合、プロット構成に時間を割き、トリックやアリバイなどの時間配分から頭を悩ませて、こんがらがってくるので(^_^;表やリストを何回も作り直し、苦心してやっと出来た作品よりもちょっとの時間で思いつきで書いてしまった作品の方がいいと言われると、ちょっとあらら…ってなってしまう(^_^;

まあ、苦心してアリバイ作りをしたつもりでも、他人の目から見ると破れ目があり、突っ込まれたりもしちゃいましたが…。読んでくれた方の感想はいつも真摯に受け止め、これからの執筆に役立てているつもりです。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
テーマ
想像力が乏しいのか、世の中の流れに乗り切れないのか、流行おくれなのか、小説のテーマを選ぶのっていまいち。もともと頭のカタイヤツだし(^_^;

小説を読む人って今ってどの年代の人が多いんだろうか? 10代?20代?30代?40代?50代?60代?70代?80代? 年齢よって関心のある話題も違うだろうし…。私自身は日本人の平均寿命の半分くらいの年齢だけど、さすがに10代20代の人の気持ちや興味あることには疎く(わからなく?)なっている。まあ、年齢に関係なく気持ちの持ちようで、年代が離れた人達の動向を取材したり気持ちを理解できる人もいますが、不器用なもので難しいかな、私にとっては…。若い年代の人のことは自分が○歳の時何をしていたか、どういう気持ちだったか思い出せばいいのでしょうが、現代はものすご~い早いスピードで世の中が動いているので、私の経験など時代遅れになっているのかも(^_^;

なんて散文的な気持ちになってしまった。やっぱり自分と同年代の登場人物を中心に書くのが一番書きやすいのかな。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
執筆
ミステリ小説講座の課題ミステリー短編50枚を、出来る所まででいいから提出して下さいと言われている。締め切りはもっと先なんだけど、16日から10日ほど旅行に出かける予定なので、15日までに仕上げないといけないってもう時間ないじゃん(^_^; いつもこんな調子なんだよなあ、私って。とりあえず2000字(原稿用紙5枚)の梗概までは出来ているんだけど、そこから肉付けして詳細を細かく書いていかないと……。ああああー、でもまたへなちょこっぽい
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
 | HOME | NEXT PAGE ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。